投稿者写真

山田 智恵

2018/Mar/05 13:21

#17 ベテランと若手のイイ関係

#17 ベテランと若手のイイ関係
日本に社会変革を起こす女性リーダーを育成するJWLI(Japanese women leadership initiative)。JWLIのフェローに選ばれた女性はボストンに滞在し、マネジメント・リーダーシップ・NPOについて学びます。

私も2013年にフェローに選ばれ、ボストンに行ってきました。
今は卒業生として、毎年新しいフェローの方々に、ボストン渡航前のワークショップを担当しています。毎年新しい出会いがあるので、このワークショップを行うことは私にとっても大きなチャンス!

フェローは毎年4人〜6人選ばれるのですが、年代も20代〜60代と、業界も非営利・営利もごちゃ混ぜで、いろんな業界の人が選ばれています。
非営利団体の代表を務める人、営利企業でバリバリ働いている人、これから団体を立ち上げようと思っている人など、ステージもバラバラ。

このバラバラが本当にイイんです!
特にベテランの方と若手の方が、ビシバシと刺激し合っている関係が素敵なんです。
先週末に渡航前のワークショップを行ったのですが、NPOの代表を20年続けているベテランの方と、これから実現したい大きな夢を描いている若手の方のやり取りがまさにその良い例でした。

若手のフェローは、物質的な価値に重きをおく世の中に疑問を感じていて、貧困に苦しむ若者に対して自分の強みを生かしたスモールビジネスをはじめるサポートをする夢を持っていました。この若手に対してベテランの方が「既存のやり方に合わせるアプローチではなく、新しい価値観に合わせたアプローチ方法をとるのが、とってもイイ!フレッシュだし、夢があって、頑張ってほしい!」と応援コメントしていたのです。

このコメントを聞いて、私も「あぁ、たしかに、新しい価値観に合わせたアプローチって忘れがちだな」ってハッとしました。

その業界にいると、その業界がもっている既存の価値観や考え方にだんだんと慣れていってしまいます。そうすると、その枠組み自体を壊すのではなく、その枠組みの中でどう実現するかってことばかりを、ついつい考えてしまいがち。最初は、古い価値観や考え方がイヤでイヤで仕方なかったのに…。

バーンっと、全く違う思考で考える柔軟さに触れると、「あ、なんか、凝り固まってた…」と思い出す良いきっかけになりますよね。

若手の方も、ベテランの先輩の方の意見を一所懸命にメモしたり。
違うステージだからこそ、お互いにナイものに刺激を受け合うイイ関係だなと思いました。

JWLIは年々活動範囲が広がっていて、フェローに選出されるのは競争が激しくなってきました。でも、「女性×リーダーシップ×社会変革」に興味がある人には、心からオススメするプログラム!

FREE MAIL

Eメールアドレスをご登録いただくと、ニュースやイベントなど最新情報をいち早くお届けいたします。